障害年金請求の流れ

電話社会保険労務士事務所の障害年金の申請サポートを受けた場合の申請の流れを見ていきましょう。なお、これは一例ですので、実際の流れは相談、依頼する社会保険労務士事務所によって異なります。申請に向けてまずおこなうことは、サポートを受ける社会保険労務士事務所を決めることです。電話やメール、事務所を訪問する形での面談による相談で、依頼をするかどうか検討します。事務所によっては出張での相談に対応してくれることもあります。相談料や着手金はなし、不支給の場合は報酬の支払いなしの社会保険労務士事務所もあるため、費用負担が気になる方は相談・依頼先の候補にすると良いでしょう。

障害年金の申請サポートを受ける事務所を決め、契約書をとりかわしたあとは、障害年金の申請に必要な書類を容易をします。診断書のほか病歴・就労状況等申立書、障害年金裁定請求書を準備します。集めた書類は年金事務所または市町村役場に提出し、障害年金の決定を待ちます。決定が出るのは裁定請求書の提出後3~4ヶ月程度の期間を要することになるでしょう。障害年金が決定すれば、家に年金証書が送付されます。あとはサポートしてくれた社会保険労務士事務所に成功報酬の支払いをおこなえば、すべての手続きは完了で、障害年金を受給しての生活がスタートすることになります。